光学分野の専門家!新亜光学工業株式会社が求める人材と能力とは

光学分野の専門家として新亜光学工業株式会社で働くなら持っておくと良いスキルは?

新亜光学工業株式会社で研究や開発の仕事をするためのスキルは?

カメラ部品や医療系の精密機械をはじめ数多くの光学製品の製造を行う新亜光学工業株式会社。 特に部品組み立てをはじめ細かな作業は多く、手先の器用さや集中力は欠かせません。他にも製造の仕事をする場合に持っておくと良いスキルをご紹介します。 上手に活かして、ものづくりのエキスパートを目指しましょう。

海外の事業所で外国人社員に教育する機会もアリ

香港や韓国に事業所がある新亜光学工業株式会社は、外国人社員に教育をする機会もあります。 日本人のような教育の仕方だと受け入れてもらえないかもしれませんが、却って教育におけるスキルアップが期待できます。 また世界貢献をしたいと考える外国人社員が多いので、働く際のモチベーションアップも図れるでしょう。

製造の仕事をする際に必要なスキルとは?

特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社で専門家のような仕事をするなら、それに見合うスキルは必要ではないでしょうか。

例えば研究や開発の仕事であれば、大学や大学院で工学系を学んだ実績は求められるでしょう。
修士の大学院卒であれば、その際に学んだ研究や開発分野の基礎的な能力が必要です。新亜光学工業株式会社は海外にも取引先があるため、国際的な学会で学んだ経験があれば大きなアドバンテージになるはずです。
語学以外に外国での生活で必要な光学製品の情報も、研究や開発の仕事で活かせるのではないでしょうか。

博士の大学院卒であれば、大学卒業から5年間は工学分野を学んでいます。
修士だと基礎学力で良いのかもしれませんが、博士になれば専門的な知識も必要になります。
カメラや環境に関する分野の研究実績があれば、新亜光学工業株式会社で仕事をする際に1つの武器となるでしょう。
授業で学ぶスキル以外に、学会発表や企業向けにプレゼンや研究発表をした実績もあれば、採用面接時に伝えると良いでしょう。

ちなみに修士や博士の大学院卒であれば即戦力で採用される傾向にあります。
その分初任給が高めですが、新亜光学工業株式会社での研究や開発の仕事をする際に思うような結果が出なかった時は、シビアな判断をされかねません。

一方、大学卒であっても新亜光学工業株式会社で研究や開発の仕事ができる可能性が無いとは限りません。
大学院卒の人と比較するとスキルは浅いかもしれませんが、日々先輩の仕事のサポートや勤務時間外でのスキルアップを欠かさなければ、数年後には戦力となれるのが期待できます。
また、研究や開発の仕事を進める中で、事業所勤務や営業職への職種変更をするのも良いかもしれません。

物流や営業の仕事だと外国人の顧客と接する機会がアリ

新亜光学工業株式会社は自社で商品の輸送を行うので、物流の仕事があります。 他には海外にも自社製品を販売するために、営業の仕事を行う場合も考えられます。 そこで外国人の顧客対応におけるポイントを押さえましょう。コミュニケーションアップができると、さまざまな仕事をするうえでプラスになります。

TOPへ戻る